読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sponsored link

株式投資における運用成績から振り返る

sponsored link

a1380_001621

株式投資のこれまでの成績を振り返ってみたいと思います。 過去を振り返ることで、自分のことや 何が行けなかったのか?何が上手くいったのか? おぼろげながらもそういったことが分かってきます。

ブログでこうしたことを書こうと思ったのは 自分が人の運用成績を見るのが好きだからです。

成功していても、成功してなくてもです。 よく損してる人をみてメシウマなど そういった表現をみますが。

自分自身正直なところ、 成功してみる人も失敗してる人も 同じくらい貴重なサンプルというのか 参考になると考えています。

なので、自分も一部分になるかもしれませんが、 情報を開示していくことで 他の人の参考になればいいなと考えます。

今回は株式投資のみに限りこれまでの運用成績を公開します。

2004年
-68,485円
2005年
+1,199,519円
2006年
-3,367,788円
2007年
-202,954円
2008年
-56,295円
2009年
-3,123,542円
2010年
-398,648円
2011年
+308,892円
2012年
+127,151円
2013年
+8,750,736円
2014年
+6,646,729円
2015年(9月現在)
+1,399,066円
通算成績
+11,214,381円

株の取引をアクティブにやったり、 片手間にのんびりやっていたりして 時期によって運用成績にばらつきがあります。

また下手くそのやり方をしているときは 損失も半端ないです。

ライブドアショックでは大きくやられました。

さらに、サブプライムリーマンショックの時には 大きく資産を減らしたこともあります。

あの時の一番の敗因は 不動産株に一点買いをして 放置していたということです。

あれだけで株価が10分の1になり 上がりそうもないと判断しなくなく 損切をしました。

痛い目に沢山あいながらも どうにか株を続けてきました。

安定してプラスを維持できるようになったのは 2011年くらいからなんですね。

2010年くらいからきちんと投資を学び きちんとしたやり方を身に着けたからでしょうか。

片手間に中長期で投資を行い 少しずつ利益を積み重ねていきました。

ずっと続けていたからこそ これまでの多大な損失を返すような 幸運期にも巡り合いました。

そうアベノミクスの到来です。

大きな異変を感じたのは ちょうどアクティブにFXを行っていた時でした。

ドルを売るポジションを持っていたのですが やたらに強く円安に振れていて また円高方向に向かうだろうと さらにポジションを増やしてしまいまい。 損失が18万そこそこ出たところで これは何かあると思いました。

ちょうど当時の民主党である野田首相が 辞任発表した時でした。

そうです。市場は自民党になることに期待感を示していたのです。

これをきっかけにFXは損切をして 持っていた資金を株に投じることにしました。

その時にはまだ安倍政権が誕生する前です。

自民党が政権をとることを予測して 自民党になったら株価は上昇すると考えました。

だから選挙の一週間前に 株をできるだけ購入することにしました。

それからほどなくして 自民党大勝の安倍政権が誕生して アベノミクス相場が始まりました。

こういう流れというものもあるんだということが分かりました。

運用成績を一つとってみても 様々な歴史や要因があり これからもいい成績を出せるよう 努力し続けたいと思っています。

かなり長くなりましたが今回はこれにて。