FOMC米利上げするか否かが分かれ道

sponsored link

WS000000

日経平均本日は三日続伸となり、 直近の暴落から底値が固まったような形で推移しています。

今日からちょくちょくメタトレーダーによるチャートの画像を 少し公開してみようと思います。

メタトレーダーでどういう設定か?? どうみるのか??

正直この辺を細かく説明するのはいいのかよくないのか 判断し難いのでさらっと画像を載せる程度にしておきます。

個々の好みがあることもありますし、 こんなチャート使ってるんだというくらいに見ていただけたらと思います。

弥栄は日本株を中心に取引していますので この日経平均のチャートはとても重宝しています。

最近のチャイナショックによる暴落も 日経平均の不穏な動きをみて 3分の2くらいの保有株を一旦売りました。

そのあと総崩れとなり 日経平均が下げ止まったあたりで 個別銘柄を買いなおすことにしました。

もってる銘柄も下げに巻き込まれましたが 正直また2万円台に戻ると思っているので そのままホールドしました。

さて、この日経平均ですが 直近では予測として 今の水準を行き来すると思っています。

もう少しもみ合うとこの後上昇しやすい環境が整うので そういうシナリオを考えました。

画像は日足のチャートですが、 月足のチャートでは上昇トレンドは続いていて 押し目買いの位置にあるとも見れます。

そして今日から明日にかけてアメリカのFOMC(連邦公開市場委員会) で何を発表するか注目が集まっています。

アメリカの株の動きが日本にも影響があるので 要チェックとなっております。

今回利上げする可能性は低いというのが 市場の予測ですが 仮に予測に反して利上げするようなニュアンスであれば 市場はネガティブに反応するはずです。

ただ、チャートは正直で ダウ平均の今の現状見る限りでは株価は回復傾向にあるので きっと落ち着いた相場であるように思っています。

さて、明日以降の相場どうなるのか? 面白そうですね^^

追伸:利上げが株価にネガティブであるというのが 今回の市場の反応となるはずなのですが、 そもそもアメリカの経済がまっとうな方向に進むには 利上げは避けては通れないと考えています。 経済にとっての正常化がネガティブに受け取られるのは それほどまでに金融緩和による弊害なんだと思いますね。 これは仕方のない反応なのでしょう。