注目のFOMCの結果

sponsored link

a0960_004892

今日未明のFOMCでは利上げはやはり見送りとなりましたね。 中国の混乱や景気動向など今することではないというのが 本音のところでしょうか。

チャートではFOMC前後の動きは為替や指数は乱高下していました。 こういう時にはデイトレスキャルピング以外はスルーでいいと思います。

中長期で保有している場合はあまり関係ないこととして あくまでも保有している株にどう影響するのか? この辺を見極める材料としてチェックするくらいでいいと思います。

FOMCでの利上げ見送り要因としては インフレが思うように進んでおらずそれが長期化していること 世界経済の成長性が不透明であることなどが挙げられており 利上げするタイミングを計っているような状態です。

今ではないけれどもいずれする。 いや、タイミングが合えばしたいところなのですね。

利上げが景気や経済に水を差すようなことを避けるために ここまで慎重に様子を見ているのだと思います。

どうですかね?年内の利上げはありそうかどうか。 気になるところですが、可能性としてはあるとの見方があります。 11月とか12月くらいにまた話題になってくるかと思っています。 10月はスルーに思えるので。

ということで、今朝は思ったよりも落ち着いた位置から日経平均はいましたが、 連休前ということでポジション整理のためか割と大きめに下落していました。

保有株は特にそのままホールドでいいかと思いますので このまま連休に突入しても良いのではと。