株式投資の基本|投資スタイルを確立する前に

sponsored link

DSCF1214

前回は株式投資への目的、目標を明確にすることでした。 そこから見えるのは、 どれくらいの期間でどれくらいの利益が欲しいのかが分かります。 もちろん、投資で必ず儲かるというわけではありません。 ですが、期間と利益の軸がわかることで 必要以上にリスクを負わなくてもいいことがわかってきます。

極端にいえば、一か月に1万円利益が欲しいという目標に対して 一日の値動きで1万円動くような投資スタイルですと 儲かるときは大きく儲かりますが、 逆に1万円減ってしまうリスクがあります。 一か月という設定で一日で変動してしまうのであれば、 もっと投入資金を小さくした方がいいといえます。

なので目的目標に対してどれくらいの資金量で投資をするか。 ここがポイントになってきます。

株式投資は余裕資金で行いましょう

このとき株式投資で重要なのは、 余裕資金で行うことです。 決して無理に生活資金や借金をしてまで投資をしないことをお勧めします。 理由は余裕資金でないお金だと心理的に不利に取引を行ってしまいます。 それに生活が破たんしてしまっては本末転倒です。 株式投資を行う際は余裕資金で行いましょう。

株式投資の時間毎のスタイル

株式投資では、一日で売買を完結するデイトレード、 おおよそ週単位で売買を完結するスイングトレード呼ばれる 短期のスタイルがあります。

このトレードスタイルの特徴は、 チャートなどテクニカル分析を行って買ったり売ったりします。 買ったとき、売った時には損切の想定も重要となります。

次に、中長期投資と呼ばれるものがあります。 期間はとても大ざっぱです。 早くて数週間~数か月~数年~永続保有といった具合です。 数週間と書いたのは、中長期で買った銘柄が 急激に上昇した時高くなったときに売ってしまう場合があるからです。

中長期投資の特徴としては、 経済動向や会社の業績を重視したり、 会社が割安か成長性があるかなど そういったことに注意を払い株を買ったりします。 半月もしくは一年に一回もらえる配当金や株主優待を狙う場合は 中長期投資が向いてるといえます。

ですが投資スタイルは人間の性格と同じで人それぞれです。 頻繁に売ったり買ったりしたい人は短期で、 ゆっくりじっくり株をしたい人は中長期で行うといった感じです。

昔は短期トレードを弥栄もしていた時期がありますが、 今はもっぱら中長期で株を保有しています。 それでも大きく利益をあげることができています。 なので、自分の好みのスタイルで利益を得られれば良いと思います。

自分がどういったスタイルで投資をしていきたいのか? していくか今一度考えてみましょう。

次回は、株式のしくみについてです。 株の基本をさらにおさらいしていきたいと思います。