読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sponsored link

日本市場の読み解くカギ|日経平均とTOPIXの違い

sponsored link

日経平均TOPIXは株関連のニュースをつけると 今日の値段や値動きをアナウンスしているのを見かけます。 日本市場を代表する指数だからでしょう。

とりわけ弥栄は日経平均の値動きから今後の相場の流れをつかむようにしています。

そうはいってもなかなかこの日経平均TOPIXの違いを正確に覚えてる方は そう多くはないかと思います。

もちろんざっくり覚えているだけでも十分です。

今回はこの日経平均TOPIXの違いをまとめておこうと思います。

日経平均について

日経平均とは東証一部の銘柄から225銘柄を選んだ平均株価のことをいいます。 トヨタやJT、JRなど日本を代表する株が選ばれています。 日経平均の特徴は一株あたりの株価が高い銘柄(値がさ株)が多く、 その影響を受ける特徴があります。

弥栄の実感からすると現在のような日銀が買ったりする官製相場では 日経平均に影響を与えやすい銘柄をとりわけ多く買っていくことで 日経平均が一段高となっているような印象を受けることがあります。 日経平均が調子よくても全体としてはそこまであげてないことが結構ありましたので。 勘ぐりすぎかもしれませんが。

TOPIXについて

TOPIX東証株価指数をアルファベット表記にしたもので、 東証一部の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割った数字です。 また昭和43年(1968年)1月4日の時価総額を100として、 その後の時価総額を指数化したものとされています。

時価総額は計算式では(株価×発行済み株式数)となり 会社をまるごと買う時の値段のことを表します。

計算式でもわかるように TOPIX時価総額の高い銘柄の影響を受けます。

日本市場を読み解くなら

日経平均TOPIXどちらも日本の市場に影響を与えます。 指数が弱いときにはほかの個別銘柄も弱い動きになるものです。 指数が強いときには個別銘柄も強い動きになる傾向があります。

なので、弥栄は日経平均先物のチャートで市場動向をチェックしています。 日経平均先物は日本市場が開いていない時間帯も動いています。 夜中も朝方も値が動いていて世界の投資家がこぞって取引をしている状態です。 なので、夜ちらっと日経平均のチャートをチェックして 明日の日本市場の動きをイメージします。

またお勧めの先物のチャートツールが使えるところをご紹介できたらと思います。